「変化」を防ぐ「新」基準【円(まどか)コンサルティングだより】Vol.125

2015.06.26

 
 
夏至は過ぎましたが、まだまだ梅雨の雨や夏の暑さに注意が必要ですね。
 
そんな梅雨への対策、熱中症への備えなどの「準備」は事前に済ませておくのが安全です。
 
旅行の時も、必要なものは事前に揃えてから新幹線に乗る人が多いことで、車内販売での売れ筋が変化しているようです。2015年6月23日付けの日経新聞によると、あえて「非必需品」を提供する車内販売が登場し、伝統織物や話題のアイスなどが売れているそうです。
 
例えば、山口県柳井市の「柳井縞 名刺入れ(7000円)」、乗客の目の前で作って提供する「フロートナツミカネード(350円)」などがあると聞けば、ワゴンを眺めているだけでもどれにしようかワクワクしそうです。
 
新幹線で今から遠出をする時というと、あまり荷物は増やしたくないと思いがちですが、脇を通るワゴンから簡単に、珍しい品や話題の品が手に入るとなると、さっそく「旅の思い出づくり」を始めたいと感じる人も多いのではないでしょうか。
 
事前に必需品はしっかり準備してきたからこそ、非必需品を買う余裕も出てくるものと思います。用意が不十分なせいで行き当たりばったりになってしまうのは避けたいですが、思わぬ品が手に入るという「 予想外」な車内販売は、退屈な移動中が楽しくなりそうですね。
 
私たちのビジネスにおいても、お客様への連絡や対応が不十分だったなどと失敗するのは避けたいものですが、予想外の「特典」がついた商品や、大満足できるサービスでお客様を喜ばせられるような経営は素敵ですね。
 
==================================


今月6月の「円(まどか)コンサルティング・注目の記事」

 
 

1. 「定番」を支える「新」商品

 
上記のような「必需品」に対する「非必需品」のほかに、「定番」に対する「新商品」も、「消費者が興味を持つ」ものとして最適です。2015年6月23日付けの日経新聞、上記の「車内販売」についての記事と同じ紙面に、関連して考えられるような記事がもう一つありました。
 
その「ニュース一言」に一言、「新商品」を「主要」ではなく「きっかけ」にすることで、新たな売り上げに結びつけるのもビジネスモデルの一つの選択肢になることが感じられます。
 
↓ 全文はこちらからご購読いただけます!
http://www.madoka-consulting.jp/materials/monthlyletter.html
 


2. 「変化」を防ぐ「新」基準

 
さて、上記2つの記事は、必需品より非必需品を売ることや新商品で販売状況に勢いをつけることなど、「変化」が重要視されるものをご紹介いたしました。
 
しかし、「変わることが許されないもの」も存在しています。2015年6月21日付けの日経新聞「サイエンス」では、湿度や温度など身近なものを測る時の単位の定義・基準が変更される予定だと紹介されています。
 
現在は、白金とイリジウムの合金でできた分銅「国際キログラム原器」の質量が「1キログラム」と定義されていますが、この分銅は洗浄の繰り返しで「重さが60マイクログラム変動した」ようです。
 
↓ 全文はこちらからご購読いただけます! 
http://www.madoka-consulting.jp/materials/monthlyletter.html
 


編集後記

 
 
先月もお知らせいたしましたとおり、7月16日(木)に草加市倫理法人会にて、また7月25日(土)に久喜・栗橋倫理法人会にて、モーニングセミナーでの講話をいたします。
 
皆様、ぜひ足をお運びください!
 
・草加市倫理法人会モーニングセミナー
日時:2015年7月16日(木)6:00〜7:00
場所:埼玉屋旅館
〒340-0015 埼玉県草加市高砂1-10−13
 
・久喜・栗橋倫理法人会モーニングセミナー
日時:2015年7月25日(土)6:00~7:00
場所:栗橋商工会館
〒349-1123 埼玉県久喜市間鎌256-1
 
お待ちしております!
 
【斉藤華奈美/円(まどか)コンサルティング】