「円(まどか)コンサルティングだより」バックナンバー

進歩を「繰り返す」成果とは【円(まどか)コンサルティングだより】Vol.133

2016.02.29

 

最近、使用するiPhoneのOSがアップデートされたところ、バッテリーの減りがそれまでの3倍ほどになってしまい慌てた時期がありましたが、皆様は大丈夫でしたか?

そんななかで、2016年1月31日発行の日経ヴェリタスでは「米アップル成長減速 iPhone頼み限界」とあり、iPhoneを持つ多くのビジネスパーソンにとってもあまり喜ばしくはない記事と感じます。

とくに「売上高の約7割をiPhoneが占めている」アップルや、そのアップルが「最大の顧客」であるような部品供給会社などは、業績への影響が大きいようです。

しかし「『脱iPhone依存』に成功している」ために「競争力が高く他の顧客への応用がきく」と評価されている企業であれば、株価を維持できているようで、やはり「ただ一つのつながり」に絞ることの危なさを認識しておく必要があるようです。

「つながり」は「つくる」ことが大事であり、つくることをやめたりすることは避けるべきでしょう。

さまざまな状況で、そのものに対する評価の視点もその都度変化するものと思われますが、偏った評価のみで本質を誤解される可能性も少なくすることができ、結果的にはより適切な評価を得ることができるのではと感じられます。

私たちが経営する「企業」とは、つねに社会から評価されるものであり、適切に評価を得るための機会を逃すことは避けたいものです。「◯◯しかできない」といった消極的な印象を与えることなく、自身の売りをより多くの場面で生かしていけるよう、さまざまな場面で活躍していきたいものですね。

==================================

 


今月2月の「円(まどか)コンサルティング・注目の記事」

 

1. 進歩を「繰り返す」成果とは

技術の進歩には試行錯誤が必要です。以前は長時間かかっていたものが短時間でできるようになったり、成果物としての質が向上したりといった「成功」には、努力や技術、ひらめきなどが重要ですね。2016年2月14日発行の日経ヴェリタスでは、「ドローンで自在 動く監視の目」との特集で、以前より格段に性能の上がったドローンと、搭載されたカメラが紹介されています。固定されたカメラの代わりにドローンでの「動く」カメラが登場し、性能が向上したドローンが登場しました。

全文は無料で公開中!
→ http://www.madoka-consulting.jp/materials/column/20160216.html

 


 

2. 「状況」を再現し、体験してみる

経営者が自ら設定した理想に到達したいと工夫を凝らすとき、これまでに得た事例などの「参考になる」ものを元にすることが多いでしょう。参考になるものとはあくまでも参考になるだけですが、より多くのものを参照することができれば、それに越したことはありません。とくに「技術の進化」とは、それまでは「不明だった」ことが「分かってきた」場合に次の段階へ進めるものと思われます。2016年2月21日発行の日経ヴェリタスでは、「押すとカチッ 仮想現実の表現広がる」と、「平らな画面のはずなのに、機械式のボタンを押したような感覚が指先に伝わ」るような、「触感を再現する技術」がさまざまに応用され始めたことが紹介されています。

全文は無料で公開中!
→ http://www.madoka-consulting.jp/materials/column/20160222.html

 


編集後記

 

2月は、2016年の「Endless SHOCK」を観てまいりました!

「舞台」とは、決してステージの上でのみ行われるものではなく、舞台下から聞こえる生のオーケストラの演奏も間違いなく構成の一部です。

ステージ上の物語の邪魔をすることなく、しかし迫力が必要であれば過不足なく音を出す技術を「聞く」ことができるのも貴重な体験でした。

つねに「ベスト」で続いている「SHOCK」を、また次も観に行きたいと思っています。

【斉藤華奈美/円(まどか)コンサルティング】